スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京暮色(1957/日本) 75点

東京暮色 ,Tokyo Twilight , 映画 movie , 小津安二郎 Yasujiro Ozu

東京暮色

これは小津映画なのか?というのが最初の素直な感想で、でもストーリー以外はきちんと小津作品なんですよね。
観終わった後、ガクンと落ち込みました。なんだかみんな不幸だったような…この映画の登場人物に救いはあったのだろうか?そんな気持ちになってしまいます。それでも母親は北海道に行ってしまい、父親と娘の人生も続いていきます。登場人物のその後がとても気になります。
ラストで笠智衆が、「置き忘れた」ガラガラを見つけて微笑むんですが、これはどう捉えればいいんでしょうか?個人的には「こんな風になってしまったけど、まだまだ赤ちゃんのように未来はあるよ」、そう感じました。

ストーリーですが、大きな出来事が起こっても淡々と進んでいきます。小津映画に共通する映像美は健在で、俳優達の演技も素晴らしい。有馬稲子は初めて見ましたが適役だと思いました。

東京暮色 ,Tokyo Twilight , 映画 movie , 小津安二郎 Yasujiro Ozu (2)

allcinema
東京暮色/Tokyo Twilight
監督:小津安二郎 Yasujiro Ozu
出演:原節子、有馬稲子、笠智衆、山田五十鈴、杉村春子、中村伸郎

東京暮色 ,Tokyo Twilight , 映画 movie , 小津安二郎  Ozu

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。