スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989/イタリア・フランス) 90点

ニュー・シネマ・パラダイス , Nuovo cinema paradiso

ニュー・シネマ・パラダイス

時間を置いて何度も観賞してるんですが、やはり感動を与えてくれる映画ですし名場面と名言のオンパレードです。
アルフレードは子供がいなくてトトは父親が戦争で死んでしまい、お互いの寂しい部分を埋め合わせてたのかもしれませんね。
映画の中での映画のシーンを観るのはとても好きで、ニュー・シネマ・パラダイスだとテレビやビデオが普及する以前の映画が輝いていた時代で、様々な年代の人達が楽しそうに観賞しているのが印象的でした。特に映画館の近所の家の壁をスクリーンにして映画を流す場面は美しい(それよって火事になってしまいましたが…)。

ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo cinema paradiso 1989 (3)

一番好きな場面は駅のホームの場面で、アフルレードが「自分のすることを愛せ。子供の時映写室を愛したように」と伝えてから別れ、汽車が出発して神父さんが走ってくるんだけど、一方アフルレードは力なく立ち上がって下を向いてるんですよね。そこで涙がポロポロ。
自分の傍に置いておくだけが愛情なのではなく、相手を愛してるからこそ、真剣に未来を考えてあげているからこそ、あえて自分から距離を離す。本人はとても寂しいんだろうけど、この種の愛情っていうのは理解できるなぁ…。
ラストの映画館での演出の素晴らしいこと。キスや卑猥なシーンを流してるのに、二人の長い期間に渡る友情のような、または親子のように強い絆というものを感じれて良かったです。
数年後でしょうが、また元気を貰いたい時に観賞します。

ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo cinema paradiso 1989 (1)

「人生はお前が見た映画とは違う。人生はもっと困難なものだ」

ニュー・シネマ・パラダイス Nuovo cinema paradiso 1989 (4)

「自分のすることを愛せ。子供の時、映写室を愛したように」

allcinema
Nuovo cinema paradiso / ニュー・シネマ・パラダイス
Director:Giuseppe Tornatore ジュゼッペ・トルナトーレ
Cast:Philippe Noiret フィリップ・ノワレ、Jacques Perrin ジャック・ペラン 、Salvatore Cascio サルヴァトーレ・カシオ、Mario Leonardi

「ニュー・シネマ・パラダイス」他の方のレビュー

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ニュー・シネマ・パラダイス』 | 劇場公開版と完全版のちがい

この映画は劇場公開版と完全版の評価がまっぷたつに分かれているようだ。それもやむなしと思えるほど映画の印象が違う。ちなみにワタシは「劇場版→完全版→劇場版」という順番で観た。この映画はどういう順番で観たかによって評価がまるっきり変わると思う。どちらか一方...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

≪キスや卑猥なシーンを流してるのに、≫
この意見には反対です(笑)。

この映画音楽の素敵なこと、中身は結構厳しいのですよね。

名作には、必ずシビアな部分が潜む。私も、もう一回見てみようと思っています。

高校生の時、帰りに映画館に行って見ました。
話も音楽も良いですね。
「王女と兵士」のなぞなぞが印象に残りました。

とみやすさん、こんばんは~♪
ラスト前の映画館のシーンは名場面ですよね!

音楽も素晴らしかったですね、イタリア映画の音楽を集めたCDを持ってるんですが、最後の曲がこの映画のテーマ曲で、久しぶりに聴き直しました。

ぜひぜひ、もう一度ご覧になって感想を教えてください♪

りささん、こんばんは~♪
おぉ~!高校時代、帰りに観賞したんですか!こういう名作を映画館で観れて良かったですね、生涯忘れることはないでしょうね。
「王女と兵士」ですが、色々な解釈ができそうですね。どうして99日目の夜なんでしょう?う~ん…結果を知るのが怖くなったのか、自分には王女を幸せにできないと感じたのか、自分が本当に王女を愛してるのか試したかったのか…。難しいですね~!

こんにちは!ご無沙汰しています。
やっと、お邪魔出来ました(10月から、仕事を始めたのです、身体がしんどいです・・・)。

この映画、ボキャブラリーが少ない自分が辛いのですが、

もう、名作!としか言えません。何度も何度も観ました。また観よう。

「自分のすることを愛せ。子供の時、映写室を愛したように」
今、新しい環境で押し潰されそうになっている私には、染みる言葉です。

本当にすっかり寒くなりましたね。札幌では、昨夜5℃だったので、初ストーブを付けました。

すまいるさんも、季節の変わり目、ご自愛くださいね☆

Super NOVAさん、お忙しい中コメントしていただいてありがとうございます!
ブログの方は相変わらず見させてもらってますが、無理せずにストレスを溜めないように頑張ってくださいね。

この映画いいですよね~!僕もその染みる言葉に何度も励まされました。

あと、Super NOVAさんの通ってるミニシアターの館長さんって面白いですね~。そんな個性派な館長さんがいれば映画も更に面白くなるでしょうね。

神戸も寒くなってきましたが、まだチラホラ半袖の方も見受けられます。札幌ではもうストーブの季節ですか~、Super NOVAさんも風邪を引かないよう、ご自愛くださいね!
カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。