スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖の上のポニョ(2008/日本) 75点

崖の上のポニョ, Ponyo , 宮崎駿 , Hayao Miyazaki , 映画 movie

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ / Ponyo
監督:宮崎駿
出演:奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所ジョージ、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子

崖の上のポニョ, Ponyo , 宮崎駿 , Hayao Miyazaki , 映画 movie (2)

【解説】
海辺の町で暮らす5歳の少年・宗介は、クラゲに乗って家出した魚の子ども・ポニョに出会う。すぐに仲良くなる彼らだったが、ポニョはかつて人間だった父・フジモトによって海に連れ戻されてしまう。ポニョは父の魔法を盗んで再び宗介のもとを目指すが…。アンデルセン童話「人魚姫」をモチーフに、人間になりたい魚と少年の心温まる交流を描いたファンタジー。

崖の上のポニョ, Ponyo , 宮崎駿 , Hayao Miyazaki , 映画 movie (4)

【感想】
最近多いフルCGの映画に反して、手描風で動く絵本を読んでいるようで見てるだけで楽しいです。絵は優しいタッチなんですが、海が恐く描かれています。
子供っていいなぁって思って…表情や仕草がとてもかわいかった!もちろんポニョはかわいかったんだけど、それ以上に宗介の性格が純粋で、こんな子供ばかりだったらいいなぁと思いました。
「千と千尋の神隠し」でもそうでしたが、宮崎駿監督は子供を見る眼差しが優しくて信じようとしてるし、子供にはこうあって欲しいという願望もあったんじゃないかなぁ。
ストーリーを振り返ってみるとすごくシンプルですね、最後に盛り上がりが欲しかった所ですが爽やかな余韻が。リサのドライビングテクニックや、美味しそうなハムが印象的です。

崖の上のポニョ, Ponyo , 宮崎駿 , Hayao Miyazaki , 映画 movie (3)

去年、甥っ子の運動会を見に行った時、子供たちが「楽しそう」にポニョの歌を歌ってたのをよく覚えています。ジブリの作品は幅広い層に向けて作っているんだなぁと…。映画って大人向けだと子供が退屈したり、逆もあると思うんですが、この映画は親子一緒に観れてみんなハッピーになれるという奇跡が起こります。それがどれだけ凄い事かというのは、宮崎監督を失うまで気付かないのかもしれませんね。

ちょっくらマックスバリューに行って、ハム買ってきます!

崖の上のポニョ, Ponyo , 宮崎駿 , Hayao Miyazaki (4)

<崖の上のポニョ・名言>

・「心配しなくていいよ。僕が守ってあげるからね。」

・「 ポニョ、そうすけ、好きー!」

「崖の上のポニョ」他の方のレビュー

テーマ : 崖の上のポニョ
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「崖の上のポニョ」全米で公開

昨年日本で大ヒットを記録した宮崎駿監督の崖の上のポニョが全米公開されるそうです。 そして米紙で絶賛なんだとか。 そういえば「ポーニョポニョポニョ」と3歳の姪っ子もよく歌っていました。 海外で日本のアニメは非常に高い評価をうけていますが、その代表がスタジオジ...

『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか?

 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。  長男の宮崎吾朗氏は1967年1月の生まれ。  たしかに息子さんが成長...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~
宮崎駿監督を改めてスゴいと思いました。ラーメンのシーン、湯気から匂いが漂ってきそうで好きです。すまいるさんのおっしゃる通り海は怖く描かれてましたね~うちの娘が怖そうに観てました(笑)

では、またです!

淀野弘さん、コメントありがとうございます♪
ラーメンのシーン、食欲をそそられましたね!
娘さんと一緒に観賞されたんですか~、子供の感想が一番正しいような気がします。
またブログの方にお伺いしますね!

親を呼び捨て?

すまいるさん、こんばんは

この作品、最近のジブリ作品では一番でしょう。
一生懸命作っているのはわかるけれど、私はちよっと飽きてしまいました。
心にどうも響かないです。
技術は、もういいです。

「未来少年コナン」の世界は無理でしょうけれど。

とみやすさん、コメントありがとうございます~!

親を呼び捨てにするのはどうなんでしょうかね~、僕も好きじゃないんですが、親近感が沸くのでわざと呼び捨てで言わせる親達も多いようです。。
「未来少年コナン」は良い作品のようですね、いつか見たいと思ってるんですが追いつかなくて良い悲鳴をあげております~。
カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。