スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985/スウェーデン) 85点

マイライフ・アズ・ア・ドッグ , Mitt Liv Som Hund , 映画 , movie

マイライフ・アズ・ア・ドッグ

マイライフ・アズ・ア・ドッグ / Mitt Liv Som Hund
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:アントン・グランセリウス

マイライフ・アズ・ア・ドッグ , Mitt Liv Som Hund , 映画 , movie (1)

【解説】
12歳の少年イングマルの毎日は、兄にいじめられ、出稼ぎに行った父は戻らず、母は病気、とうんざりするようなことばかり。母の病状が悪化し、イングマルは叔父の住む田舎の村に預けられる。やがて母が死に、家族はバラバラになってしまうが、一風変わった村の人たちとの交流が、イングマルの心をゆっくりと癒していく…。

【感想】
「人工衛星に乗せられて地球最初の宇宙旅行者になったあのライカ犬の運命を思えば、僕の悲しみなんて大したことはない」、子供なのになんという哲学を持ってるんでしょうか。
男装してる女の子、緑色の髪の男の子、屋根の修理をするおじさん、登場人物が変な人ばかり。でもみんな温かい目で撮られており、とても魅力的でした。少年の、そして少女の現実が受け入れていく過程が優しく丁寧に描かれていたよう思います。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ , Mitt Liv Som Hund , 映画 , movie (2)

イングマルは伯父に預けられるんですが、家に向かう車の中でこんな温かい言葉をかけられるんですよ。本人は不安だったろうし、ちょっと泣きそうになりました。
「少し暖かくなったわ。あんたが太陽を持って来たのよ。お天気が良くなってよかったわ」

最後のラジオ中継での奇跡!イングマルと同じ名前のボクサー(これは実在していたスウェーデン出身のボクサー、インゲマル・ヨハンソンで1959年に世界ヘビー級タイトルを獲得しています。)が戦ってるんですよ!ここは監督がイングマルのような子供達にエールを送ってるし、観てる方としては間違いなく応援しちゃいますよね。僕はラジオ中継を使って盛り上げたままラストに持って行く展開は初めてだったので興奮したし、爽快な余韻が残りました。

マイライフ・アズ・ア・ドッグ , Mitt Liv Som Hund , 映画 , movie (3)

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」他の方のレビュー

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。