スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリクリのいた夏(1999年/フランス) 95点

クリクリのいた夏 , Les Enfants du marais , 映画 , movie

クリクリのいた夏

【解説】1930年代初頭のフランス。とあるマレの畔に、クリクリの一家が住んでいた。彼らは豊かな自然にめぐまれたこの地で、スズランの花をブーケにしたり、カエルやエスカルゴをとったりして自給自足の優雅な生活を送っていた。そんな平穏な日々も束の間、クリクリの父リトンのヘマのせいで、大変な事件が一家を襲う。(allcinema)

クリクリのいた夏 , Les Enfants du marais , 映画 , movie (1)

クリクリのいた夏 / Les Enfants du marais
Director:Jean Becker ジャン・ベッケル
Cast:Jacques Villeret ジャック・ヴィルレ / Jacques Gamblin ジャック・ガンブラン / Andre Dussollier アンドレ・デュソリエ / Michel Serrault ミシェル・セロー / Isabelle Carre

クリクリのいた夏 , Les Enfants du marais , 映画 , movie (2)

【感想】 ★5の作品が少ないので、好きな映画を紹介しておきます。「クリクリのいた夏」という作品で、とても素朴で温かい映画です。
涙が出たりハラハラするシーンはほとんどないので、人によっては退屈するかもしれません。ですが僕にとってはこれ以上ないぐらい癒される映画で、「そこにずっと留まりたい、離れたくない感情」というのを強く感じさせてくれました。
今は亡きジャック・ヴィルレの出演作で一番好きですね、この作品でも独特の存在感をいかんなく発揮してくれてます。

クリクリのいた夏 , Les Enfants du marais , 映画 , movie (3)

<以下ネタバレ>
のんびりとした作風の中でも、上手に緊張感を織り込んである。
それは恋人の帰りを待つアメデの妹がガラスを叩く音であり、
線路の上に放られた靴であり、凶暴に描かれるボクサーの存在だ。

クリクリのいた夏 , Les Enfants du marais , 映画 , movie (4)

ガリスのプライドを持った生き様は素直に憧れる。優しく困っている人を見捨てることは出来ず、恩着せがましくなく、ボクサー相手に物怖じもしない。
クリクリがタイヤに乗って時代が巡るように回っていたり、最後のスズランを持って回想するシーンも好きです。

クリクリのいた夏 , Les Enfants du marais , 映画 , movie (5)

「クリクリのいた夏」他の方のレビュー

テーマ : 拘りの一本
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

極私的な感想で

すまいるさん、こんばんは

以前から気になっていた洋画の一本でした。
私はこの映画微妙な感情がわいてきました。
私、いろいろなものへのこだわりとかは余り持ちえない人間で、映画のような人間関係を構築することさえも極めて苦手で、さらにあのような優しさが苦痛にも感じられたりします。

ラストささくれ立った感情がすっと収まる。
でも・・・。

とみやすさん、コメントありがとうございます~!

早速ブログ読ませてもらいましたが、この映画を見て山一證券の破綻まで発想するのは凄いですね!たしかに、ちょっと甘いというのもあるかもしれませんし、映画だからこその人間関係かもしれませんね。

僕はこの映画を高得点にしていますが、その時のテンションもあるので再鑑賞した所で以前のような感動はあるのか?と考えたらちょっと分からないんですが、疲れた時にああいった田舎に行って癒されたいなって思うことがあります。
カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。