スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばかのハコ船(2002/日本) 85点

ばかのハコ船

ばかのハコ船

【感想】 おもしろ哀しい映画でした。ダメ男の物語…大好きです。
風呂場を覗くお父ちゃん、昔の恋人が風俗嬢だったり、その妹に手を出すなんてアホ過ぎる(笑)どこまでもダメなんだけど、どうも憎めないどころか愛おしくなってきます。
とにかくリアリティがあるんですよね。美男美女でない主演二人、いとこ(ミキハウスの赤いスウェット+タバコ+茶髪)の存在、リアリティがあり過ぎて笑ってしまいました。スーパーの店主は少し浮いてたけど、存在感があった。
絶体絶命のピンチの時は自分の空気を抜くといいだなっていうのと、あの「あかじる」を一度試飲してみたい(笑)
画はトーンが独特で、久子が学校の校庭で一輪車に乗っている場面と凄くマッチしてて良かった。「天然コケッコー」や「リンダリンダリンダ」より、この映画の方が圧倒的に好きですね。やはり作家性の強い映画って撮り続けるのは難しいのかなぁ…。悲しくなります。

ばかのハコ船

【解説】 20代男女の奇妙な向上心が笑いと悲哀を呼ぶ、イタくて斬新なコメディ。

ばかのハコ船 / No One's Ark
監督:山下敦弘
出演:山本浩司 小寺智子 木野花 笹野高史 細江祐子
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

トム・ヤム・クン! (2005/タイ) 75点

Tom-Yum-Goong

トム・ヤム・クン!

【感想】 CGに頼らない体当たりのアクションを見てるだけで十分に面白かったです。トニー・ジャーの運動神経が凄い、一体何者なんだ?今のアクション俳優では世界最高の身体能力を持っているのではないでしょうか?
ストーリー?音楽?そんなものは彼の圧倒的なアクションの前では無に等しいのだ!

【解説】 象と生活するムエタイ兵士の末裔が暮すタイの静かな村。ある日、村に現われた密輸組織に2頭の象が連れ去られてしまう。村の青年・カームは、家族同様の象を救うため単身シドニーへと向かう。

ต้มยำกุ้ง / TOM YUM GOONG / トム・ヤム・クン!
出演:Tony Jaa トニー・ジャー / Phetthai Wongkhamlao

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

鬼龍院花子の生涯(1982/日本) 70点

鬼龍院花子の生涯

鬼龍院花子の生涯

【感想】 父親の出身が高知県で子供の頃親戚に家によく遊びに行ってたんで、高知弁が懐かしくて心地良く感じました。有名なフレーズ「なめたらいかんぜよ」をやっと聞けました!かっこいい!
観終わった後「この映画は何を伝えたかったんだろう?」と考えてみると、僕の足りない理解力では分かりません…。鬼龍院政五郎の生き様を描きたかったんでしょうか。最後の娘の反応が辛すぎる。
血走っていた仲代達矢の眼、岩下志麻の存在感が凄い。夏目雅子の美しさに+10点!

鬼龍院花子の生涯

【解説】 大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。

鬼龍院花子の生涯 / Onimasa
監督:五社英雄
出演:仲代達矢 岩下志麻 夏目雅子 仙道敦子 佳那晃子

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

CUBE(1997/カナダ) 75点

CUBE

CUBE

【感想】 約10年振りの観賞です。改めて、この映画は時代の先を行ってたんだと納得。低予算で作られているにも関わらず、アイデアでここまで良い作品を残せるっていうお手本ですね。
人は人を助け、人を裏切る。極限状態に陥った人間模様が描かれています。
それにしても、このCUBEの意味って一体何なんでしょうか?僕達が生きる社会そのもの?
まぁ、意味なんてものは求めなくても面白い映画である事は変わりありません。

【解説】 警官、女医、女子大生ら6人の男女が、ある日突然、不気味な四角形の部屋に閉じ込められる。そこは、いくつもの部屋の集合体である巨大なキューブ状の建物のどこかだった…。

CUBE / キューブ
監督・脚本:Vincenzo Natali ヴィンチェンゾ・ナタリ
出演:モーリス・ディーン・ウィント、ニコール・デボアー、ニッキー・ガーダグニー、デヴィッド・ヒューレット、アンドリュー・ミラー、ジュリアン・リッチング

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。