スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月



1月が早くも終わろうとしています。
だいぶ暖かくなって過ごしやすくなってきました。

新しい言語を習得するという今年の目標は早くも挫折してしまいました。英語と中国語を復習するのがやっとで、たまにテンションが高い時こういう無謀な目標を作っては後悔する事が多いです。。

今月観た映画を並べると、古い映画がありませんねぇ…。時代や国に関わらず楽しめるのが映画の一番の魅力だと思うので偏らないよう観ようと心掛けているんですが難しい。

女優を目的にして映画を観たことがあまり無かったんですが、来月は麻生久美子さん(アキレスと亀で印象が良かった)と栗山千明さん(今やってるDMMのテレビCMが大好き)の出演してる作品も観てみますね。

sky



今月観賞した映画

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ (2001/アメリカ) 85点
青春デンデケデケデケ (1992/日本) 80点
フル・モンティ(1997/イギリス) 75点
それでも恋するバルセロナ (2008/アメリカ) 75点
アキレスと亀(2008/日本) 75点
内なる傷痕(1972/フランス) 65点
魔女の宅急便(1989/日本) 85点
二十日鼠と人間(1992/アメリカ) 80点
ピンク・フラミンゴ(1972年/アメリカ) 75点
女囚701号 さそり (1972/日本) 60点
霧につつまれたハリネズミ (1975/ロシア) 90点
鬼が来た! (2000/中国) 80点

スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

鬼が来た! (2000/中国) 80点

鬼が来た! 鬼子來了

鬼が来た!

【感想】 戦時中の極限状態を表現出来ていると思います。本当の鬼は人間の内部にある狂気であり妄信であるという事かな。珍しいぐらいに血生臭いキャラが立ってて途中まで?白黒映画なので黒澤映画を彷彿とさせます。緊張の中で放たれるユーモアのセンスも素晴らしい。
香川照之は本当にいい役者さんだと思いました、色んな役を演じれるんですね。

鬼が来た! 鬼子來了

【解説】 第二次世界大戦末期の日本占領下の中国を舞台に、村人たちと日本兵との奇妙な絆と、やがて一転する狂気の結末までを、ユーモアと衝撃で描く。

DEVILS ON THE DOORSTEP(鬼子來了)/鬼が来た!
監督:チアン・ウェン
出演:香川照之、ユエン・ティン、チアン・ウェン

「鬼が来た!」他の方のレビュー

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

霧につつまれたハリネズミ (1975/ロシア) 90点

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

原題:Ezhik V Tumane/霧につつまれたハリネズミ
監督:uriy Borisovich Norshteyn / ユーリ・ノルシュテイン

【感想】 点数が激甘です、これは仕方ない。どうしても悪い点数をつけれません。
あくまで短編アニメーションでの評価という事で、動く絵本のようで何も考えずに見ても癒されます。どのキャラクターも独特でありながら表情豊かで愛嬌もあり、尚且つこの愛おしい世界観ときたら…。写真を多めに載せてますんで、少しでも作品の雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。
本当に霧の中にいると思わせる表現、木や水のリアルさ、星の美しさ。

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

女囚701号 さそり (1972/日本) 60点

女囚701号 さそり SASORI

女囚701号 さそり

【感想】 梶芽衣子さんの魅力満載、眼力の強さと執念の深さがマッチしてて良かった。
松島ナミが襲われた後にセットが回転したり、風呂場のシーンで鬼のようなメイクになるのもなぁ…監督も冒険するのは素晴らしいけど少し違和感を覚えました。
B級感を楽しみたくて、18禁のチープで何でもありの世界観だったので大満足です。

女囚701号 さそり SASORI

「女囚701号 さそり」をもっと見る

【解説】 女の憎しみと体臭がむせかえる女子刑務所を舞台に、恋人の裏切りに対し復讐の怨念を異常に燃やし続ける主人公を中心に、極限に追つめられた女囚たちの生態を描く。

女囚701号 さそり / SASORI
監督:伊藤俊也
出演:梶芽衣子 扇ひろ子 渡辺やよい 横山リエ 三原葉子 伊藤俊也

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。