スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニー・ホール (1977/アメリカ) 80点

Annie Hall

アニー・ホール

【感想】キッチンでロブスターを料理するシーンの素晴らしいこと。こういった幸福感を描けるのって凄い、実際にウディ・アレン監督が経験した事なんでしょうかねぇ…。最後に別の女性と全く同じシチュエーションがあったけど、寂しそうな顔をしていたアルビーの顔を見て泣きそうになりました。
雰囲気や演出だけでなく言葉も洗練されていて、二人の関係を鮫に例えたり最後の卵の小話は妙に納得。ただ、アメリカの文化を知ってないと理解出来ないと思われる会話も多く、何度か置いてきぼりにされてしまいました。

Annie Hall

【解説】 人気コメディアンと歌手志望の女性との複雑な恋愛模様を描いたラブ・ストーリー。

Annie Hall/アニー・ホール
監督:Woody Allen ウディ・アレン
出演:Woody Allen ウディ・アレン / Diane Keaton ダイアン・キートン / Tony Roberts トニー・ロバーツ

Annie Hall

「サメは前進しなければ死んでしまう。僕達の関係はまるでサメの死骸だ」
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

霧につつまれたハリネズミ (1975/ロシア) 90点

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

原題:Ezhik V Tumane/霧につつまれたハリネズミ
監督:uriy Borisovich Norshteyn / ユーリ・ノルシュテイン

【感想】 点数が激甘です、これは仕方ない。どうしても悪い点数をつけれません。
あくまで短編アニメーションでの評価という事で、動く絵本のようで何も考えずに見ても癒されます。どのキャラクターも独特でありながら表情豊かで愛嬌もあり、尚且つこの愛おしい世界観ときたら…。写真を多めに載せてますんで、少しでも作品の雰囲気を感じて頂けたら嬉しいです。
本当に霧の中にいると思わせる表現、木や水のリアルさ、星の美しさ。

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

霧につつまれたハリネズミ Ezhik V Tumane

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

女囚701号 さそり (1972/日本) 60点

女囚701号 さそり SASORI

女囚701号 さそり

【感想】 梶芽衣子さんの魅力満載、眼力の強さと執念の深さがマッチしてて良かった。
松島ナミが襲われた後にセットが回転したり、風呂場のシーンで鬼のようなメイクになるのもなぁ…監督も冒険するのは素晴らしいけど少し違和感を覚えました。
B級感を楽しみたくて、18禁のチープで何でもありの世界観だったので大満足です。

女囚701号 さそり SASORI

「女囚701号 さそり」をもっと見る

【解説】 女の憎しみと体臭がむせかえる女子刑務所を舞台に、恋人の裏切りに対し復讐の怨念を異常に燃やし続ける主人公を中心に、極限に追つめられた女囚たちの生態を描く。

女囚701号 さそり / SASORI
監督:伊藤俊也
出演:梶芽衣子 扇ひろ子 渡辺やよい 横山リエ 三原葉子 伊藤俊也

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

ピンク・フラミンゴ(1972年/アメリカ) 75点

Pink Flamingos ピンク・フラミンゴ

ピンク・フラミンゴ

【感想】 お下劣さも中途半端でなく、その道を極めれば美を感じてしまうから不思議だ。少し引く場面もあったけど、それ以上に笑える作品でした。人によってはトラウマになるでしょうね…。
「ミッドナイト・ムービー」というドキュメンタリー映画で紹介されてて、約10年ぶりの再観賞。以前観た時はアホやなぁ~としか思わなかったんだけど、意外とディヴァインとジョン・ウォーターズの演技、そして音楽が良かったんだなぁと。

映画とは全く関係ないんですが、大阪で一人暮らしをしてたころ中崎町商店街(扇町公園の近く)に宇宙家族っていう、いつ見ても客がいない怪しい食堂があったんです。B級グルメかと思いきや、UFO定食が何気に美味しかったりしたんだよなぁ…。この映画を見る度に、愛おしき宇宙家族を思い出します。

Pink Flamingos ピンク・フラミンゴ

【解説】 「世界一お下劣な戦い」として有名なディヴァインに自分たちこそが世界一だと戦いを挑んだマーブル夫妻。かくして「世界一お下劣な人間」の称号を巡って、戦いが始まった。

Pink Flamingos / ピンク・フラミンゴ
Director: ジョン・ウォーターズ
Cast: バブス・ジョンソン, デビット・ロカリー, メアリー・ビビアン・ピアース

Pink Flamingos ピンク・フラミンゴ

テーマ : B級映画
ジャンル : 映画

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。