スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の旅路 (1942/アメリカ) 80点

Random Harvest

心の旅路

【感想】 メロドラマの出来がいいという事で観てみましたが、メロドラマとしてはビックリするぐらい全く感動できませんでした。ドラマチックな展開は苦手なのかも。涙もろい方なんですが何も感じず、こういう部分の感情が欠如してるのかなぁ…。

でも、この作品に描かれている女性の強さ、逞しさ、美しさと品の良さは一体何なのだろう?ポーラは愛する人が急に消えて、しかも子供も亡くなってしまって普通なら自殺を考えるぐらいの心境になると思うんですが、彼を見つけた所で強引に自分の正体を明かさないし、ただ待ち続ける姿のなんと美しいことか。キティも女性として良く出来てる子で、相手の深い部分にある気持ちを察して自分から手を引きます。
目の前にいるのに気付かないって、幸福の青い鳥でしたっけ?あれに似てますよね。相手の存在に限らず自分も当たり前にある事で気付いてないことって多いと思う。自分が何者なのか分からない、しかも精神的におかしくなっている状況で愛してくれる人こそが本当の人なんでしょうね。
主演2人による部分が大きいと思うんですが、この映画は現代には珍くなってしまった「品」に満ち溢れています。

Random Harvest

【解説】 1918年、中部英国メイブリッジの病院に記憶を失った病兵スミス がいた。11月11日休戦の日、スミスはメイブリッジの町に迷い出て、旅まわりのショーの踊り子ポーラと相知る。ポーラはスミスの病気を治してやるために、ショーをやめて、デヴォンの田舎に落ち着くが…。

Random Harvest / 心の旅路
Director:Mervyn LeRoy マーヴィン・ルロイ
Cast:Ronald Colman ロナルド・コールマン / Greer Garson グリア・ガースン / Philip Dorn フィリップ・ドーン
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ映画
ジャンル : 映画

第三の男 (1949/イギリス) 90点

第三の男 The Third Man

第三の男

【感想】 これは芸術映画です。影と光、白黒映画ならではの映像美に最後まで魅了されました。そして建物を傾けた構図も面白く、画面が切り替わって顔のアップが映る事が多いんですが毎回ドキッとします。観覧車と地下での逃走劇の美しさ。螺旋階段を下から撮ったり、こうも印象的な多いシーンが多いとは…。
友人の死の真相を知りたいからと、目撃した三番目の男を追うストーリーなんですが男女の三角関係も加わって飽きることがありません。

そして一生忘れられないであろうラストシーン!、最後、ホリーとマーチンスがどうなるかと思ってたんですが…えぇ~、まさか素通りするとは!タバコに火を点けてカメラも長回しでそのまま終わります。カッコいい!
現代のサスペンスに見慣れた僕達にとって、第三の男の真相は驚くべきものではないでしょう。見方によっては退屈に感じるかもしれません。ですが映像、誰もが耳にしたことがある音楽、役者の存在感(特にオーソン・ウェルズ)、印象的なシーン、それらを含めると好き嫌いという感情を超えた所にある極めて完成度の高い映画である事が分かります。歴史的傑作と言われると構えて見てしまいますが圧倒されてしまいました。
2009年の映画はこれで見納めですが、これだけ素晴らしい作品で締めくくれて良かった。

第三の男 The Third Man

【解説】 第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する。

The Third Man / 第三の男
Director:Carol Reed キャロル・リード
Cast:Joseph Cotten ジョゼフ・コットン / Valli ヴァリ / Orson Welles オーソン・ウェルズ / Trevor Howard トレヴァー・ハワード

第三の男 The Third Man

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

ドイツ零年(1948/イタリア) 80点

Germany Year Zero  ドイツ零年

ドイツ零年

【感想・ネタバレあり】 1947年、廃墟のベルリン。これはセットじゃないんですよね、俳優も素人ばかりだったようでまさしくリアルな世界。作り手の「決意」がフィルムの隅々から伝わってきます。生きるのって厳しい…みんな精一杯で闇市や売春なんて当たり前。綺麗ごとなんて通用しませんね。
主人公の少年ですが、純粋さ故に父親を毒殺してしまい、最後は飛び降り自殺…。何の希望も残らない最悪の、本当に最悪の結末。映画を観終わって、感想を書いてる現在も引きずってます…。ここまで心が痛くなったのは久しぶりでした。

Germany Year Zero  ドイツ零年

【解説】 戦争の傷跡の残るベルリンを舞台に、ある13歳の少年とその家族を通して戦争の悲惨さと無情を描く。

Germany Year Zero / ドイツ零年
Director:Roberto Rossellini ロベルト・ロッセリーニ

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

ロープ (1948/アメリカ) 80点

Rope

ロープ

久しぶりにヒッチコックの映画を観たいと思って借りてきました。古い映画なので仕方ないんでしょうが、映像に少し難がありました。
シカゴで実際に起こった、ロープを使った事件を題材にしてるようですね。道具を使った演出が素晴らしく(ロープ、シャンパンを開ける音、タバコケース、拳銃など)緊張感が続き、長回しのカメラワークも興味深かったです。
部屋の中でずっとストーリーは進行するのに、頭の中では何度も外の世界に(ピアノの演奏会や、鶏を絞め殺す話など)行くんですよね、飽きないように絶妙なタイミングで挟んできます。何といってもラストのシーン、各人物が逆三角形に配置された美しさ、ピアノを弾いたりシャンパンを飲んだりしてる姿に、なんともいえない狂気と悲哀を感じ、おぉ~っスゲー!と感じました。
アパートの一室でストーリーが進んでいくのは当時としてはかなり画期的だったようで、これが「映画」になると証明したこと、映画内の時間進行と現実の時間進行を同じにする実験精神と作品自体のクオリティの高さ、そして現在でもこれと同じような作品が作られることを考えれば、やはりヒッチコックは凄いとしか言いようがありません。

Rope

allcinema
Rope / ロープ
Director:Alfred Hitchcock アルフレッド・ヒッチコック
Cast:James Stewart ジェームズ・スチュアート / John Dall ジョン・ドール / Farley Granger ファーリー・グレンジャー

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。