スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月世界旅行 (1902/フランス) 85点

月世界旅行 Le Voyage dans la Lune

月世界旅行

【感想】 感動しました。原作を元に、ジョルジュ・メリエスが創造したであろう世界観に魅せられます。人類が月に旅行するという単純なストーリーながら、メッセージ性が娯楽性を兼ね備えています。上の写真は映画のワンショットですが、とても味があると思いませんか?
桶に人がハマったり、月に着いたあと毛布みたいなのを掛けて眠ったり…。北斗七星が女性の顔で、月へ進入した人間に対して怒って雪を降らせちゃうんですよ!!なんと愛おしく、なんて素敵なんでしょうか!!!
巨大キノコの大きさを確かめるために持参の傘を並べるんですが、そうすると傘が巨大キノコに変化してしまい、その奥から月に住む生物が現れます。人間はそれが悪い生物かどうかも分からないのに、すぐに倒しちゃうんですが…風刺が強くおそらく何かを象徴してるはずなんですが、人間って残酷だとは感じました。

世界初のSF映画、100年以上前に作られ映画を娯楽作品にした歴史的な作品だそうですが、それ以前に純粋に感動しました。製作者側が描こうとしている物っていうのは変わってないんでしょうね。当時の人が月世界旅行について想像をふくらませてる反面、この映画を見ている僕は当時の人がどういう気持でこの映画を見てたんだろう?って考えているわけで…。
時間が経ったらまた観ようと思います。

月世界旅行 Le Voyage dans la Lune

Le Voyage dans la Lune / A Trip to the Moon / 月世界旅行
Director:ジョルジュ・メリエス Georges Méliès
スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

アンダルシアの犬 (1929/フランス) 70点

Un Chien Andalou

アンダルシアの犬

【感想】 80年以上も前の作品になるんですね。ダリとルイス・ブニュエルが組んで作った異色作ですが、夢のような、でも生々しい(目をカミソリで切ったり、手に蟻が歩いてたり)独特のシュールな世界観です。
手探りでイメージを具現化していったような、こういう試みが映画を進化させたんだなと思うと感慨深くなりました。古いですし人に薦めれる作品ではないのですが、興味深く観賞できました。

Un Chien Andalou

allcinema
Un Chien Andalou / アンダルシアの犬
Director:ルイス・ブニュエル Luis Buñuel
Cast:ルイス・ブニュエル Luis Buñuel / Salvador Dalí サルヴァドール・ダリ / シモーヌ・マルイユ

テーマ : 昔の映画
ジャンル : 映画

カルネ (1991/フランス) 60点

Carne

カルネ

十数年振りの観賞ですが、独特の作風だけあって結構覚えてました。ギャスパー・ノエの映画はやはり暗いなぁ…若い時ならこれで満足できましたが、今はもうちょっと明るい映画の方が好きかも。
大きな事件が起こっても、何事もなかったかのように淡々とリズムよく物語が進みます。娘へのいき過ぎた愛情表現はある意味怖かったりしましたが、リスクを恐れない不器用な愛情が伝わってきました。

Carne

allcinema
Carne / カルネ
Director: Gaspar Noe ギャスパー・ノエ
Cast: Philippe Nahon フィリップ・ナオン , Blandine Lenoir ブランディーヌ・ルノワール , Frankye Pain フランキー・パン

Carne

テーマ : フランス映画
ジャンル : 映画

あこがれ(1958/フランス) 70点

Les Mistons あこがれ

あこがれ

あこがれ / LES MISTONS
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ベルナデット・ラフォン ジェラール・ブラン

【解説】
南仏の片田舎、腕白盛りの5人の少年たちが揃って憧れるのは、美しい年上の娘ベルナデッド。木漏れ日の中を自転車で颯爽と往く彼女を、彼らは無心に追うが、ある日、恋人ジェラールと抱擁する彼女を見て嫉妬心を疼かせた。ジェラールは登山に行き、彼らはいたずらに絵葉書を彼女に送りつけるのだが…。

Les Mistons あこがれ

【感想】
冒頭の正面から自転車を撮ったシーンの美しいこと。
テニスの前のシーンでホースで水を撒くおじさんが自分の顔に水をかけてしまう場面があったけど、倍速が変わり古い無声映画のようで面白かった。
子供が自転車のペダルの臭いを嗅ぐ場面があって、トリュフォーらしいなぁと。
届かぬ恋、憧れや嫉妬は、まさにほろ苦い思い出になったでしょうね。

Les Mistons あこがれ

テーマ : ヨーロッパ映画
ジャンル : 映画

カテゴリ
映画(テーマ別)
   ・洋画
   ・邦画
   ・アジア映画
   ・クラシック映画
   ・アニメ・CG映画
   ・短編映画
   ・短編アニメ
映画(年代別)
   ・2000s
   ・1990s
   ・1980s
   ・1970s
   ・1960s
   ・1950s
   ・1940s
   ・1930s
   ・1920s
   ・1910s
   ・1900s
リンク
リンク(ブログ)
最新コメント
最新トラックバック
映画祭 歴代受賞作品
当ブログについて
Smile Cinema 映画

映画の感想を綴っています。
老若男女、喜怒哀楽の全てをカバーする映画は最高の娯楽だと思っています。

ボキャブラリーの少ない下手な文ですが、どうぞお付き合いください。
基本的に、弱った心にエールを送ろうとしている映画、心に染みるような映画が好きです。
コメント・TBなど大歓迎、相互リンク等もお気軽に申しつけください♪

    Smile Cinema by すまいる
好きな映画 part.3
バルカン超特急


カビリアの夜


彼岸花


ビッグ


ニュー・シネマ・パラダイス
ミツバチのささやき
ベティ・ブルー
ペーパー・ムーン
フルメタル・ジャケット
リトル・ダンサー
パリ・テキサス
サンセット大通り
ダウン・バイ・ロー
ブロークバック・マウンテン
北京原人
マイライフ・アズ・ア・ドッグ
引越し先
当ブログは休止中につきコメント、TBの対応が遅くなります。

SYPHON BLOG
tumblr
最新記事
検索フォーム
好きな映画 part.1
街の灯


汚れた血


クリクリのいた夏
好きな映画 マイ・ベスト映画 おすすめ映画 街の灯 素晴らしき哉、人生! ビッグ 8 1/2 クリクリのいた夏 バック・トゥ・ザ・フューチャー ある日どこかで ベティ・ブルー 汚れた血 ジョゼと虎と魚たち パリ・テキサス キッズ・リターン 紅の豚 フルメタル・ジャケット Smile Cinema すまいる

キッズ・リターン


さらば、わが愛 覇王別姫
好きな映画 part.2
バック・トゥ・ザ・フューチャー


素晴らしき哉、人生!


紅の豚


ある日どこかで


ジョゼと虎と魚たち
月別アーカイブ
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
採点の目安
 ★★★★★   85~100点
 ★★★★     75~85点
 ★★★      60~75点
 ★★        30~60点
 ★         0~30点
Link Cloud
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ  QLOOKアクセス解析
blogram投票ボタン
Just smile...


Modern Times
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。